エステティシャン

estheエステティシャンの仕事内容は、お客様に対して美容を促進する行為を通じて、心身ともに満足を提供することです。全身美容が一般的に行われており、脱毛や痩身、整体など、さまざまな方法で施術を行います。

働くサロンによって、どういうことを担当するかは大きく異なります。自分の趣味や適性を基準に選ぶようにしてください。

エステサロンの施術効果

エステによる施術効果ですが、美容医療に引けをとらないと言っても言い過ぎではないレベルになりつつあります。たとえば、脱毛を例に挙げると美容クリニックではレーザー方式を行いますが、サロンでは法律上、このような機器を使った高温での治療行為を禁じられていますから、光方式での施術を用いることになります。しかし、それでも十分に効果を実感できたという方はいます。両者のメリット・デメリットはそれぞれありますが、お客様にとってみれば、サロンでも満足できたというケースも多く、お客様へ満足度を提供できるでしょう。

仕事について

エステティシャンの仕事と職業としての現実について、honne.bizというサイトを見てみましょう。年収は概ね300万円台のようです。働いている人の平均年齢は27.5歳。比較的年齢層は若いです。詳細については下記サイトをご参照ください。
>>エステティシャンの年収「honne.biz」

エステティシャンとして技術を磨けば独立開業することも不可能ではありません。個人サロンは大手と比較すると広告に費用を掛けにくいことから、爆発的な成功を収めるには難しい要素もあるものですが、選択肢として考えることはできるでしょう。経営が軌道に乗っている方であれば数千万円の年収と言う方もいるようです。女性の大半が関心を持っている「美容」という業界ですから、何かのきっかけで成功を掴むことは難しいことではないかもしれません。

自分自身を磨く

エステティシャンは自分自身が刺激を受ける職業でもあります。多くの人の美容に携わる中で、当然、働く側も美しさを磨かなければなりません。そうしなければ、お客様に対する説得力がないからです。仕事を通じて美意識をくすぐられることにもなりますし、自分が知識を身に付けることで、努力しやすくなるという面もあるでしょう。自然とモチベーションも高くなると思います。

このような職業ではありますが、お客様を美しく見せるためのサポートが、エステティシャンの最終目標と言えるでしょう。接客業という側面もあり、クレーム処理や立ち仕事など大変な要素は少なからずあると思います。しかし、それだけのやりがいを感じる職業です。美しさに関心のある方は、ぜひとも取り組んでみましょう。