目の下のクマ

目の下にクマができると、年齢よりもずっと老けて見えてしまいます。
目の下にクマができる原因はさまざまですが、朝起きて目の下にクマがあると慌ててしまうもの。

何とか消そうとファンデーションを塗っても、ただ厚くなってしまうだけで消えてくれないクマ。
そんなクマを作らないために、また、できてしまったクマを消す方法を紹介しましょう。

目の下にクマができる原因

クマができる原因はさまざまです。
さらにクマには種類があり、原因と種類によって対処法が異なりますので、自分の目の下のクマはどのようなクマなのか確認してみましょう。

一つは青グマと呼ばれるもので、血行不良などが原因で血液がよどみ、薄い皮膚から透けて見える状態です。
色が白い人などはクマが目立ちやすい傾向にあります。

たるみやむくみによってできるクマが黒グマと言われるものです。
もともと薄い下まぶたの皮膚は、年齢とともにさらに薄くなり、眼窩脂肪を支えきれなくなって前に突出することで影ができ、それがクマに見えてしまうのです。

さらにシミやくすみによってできる茶グマがあります。
目をこするクセがある人などは、まぶたの角質が厚くなり、くすんでしまうことでクマに見えてしまいます。

それぞれのクマの対処法

青グマの場合は血行不良が原因なので、マッサージをしたり、熱いタオルと冷たいタオルを交互に当ててみたりすると血行がよくなり、クマが改善されるでしょう。

黒グマはコラーゲンの減少によってたるんでくるわけですから、ピーリングなどをして肌の新陳代謝を高めることが大事です。

茶グマの場合もピーリングやマッサージなどでくすみを改善することが、クマの解消につながります。

目の下のクマのお手入れの注意点

目の下のクマを改善する方法にマッサージがあります。
しかし目の周りは特に皮膚が薄く、力を入れてこすると皮膚を傷めてしまい、余計にクマが目立ってしまう危険性もあります。

マッサージをする時には皮膚との摩擦を軽減するために、マッサージクリームを使い、優しく、ていねいに行うことが大切です。
マッサージでこするというより、指で目の周りを指圧するような感じで行うとよいでしょう。

目の周りにはツボがたくさんあります。
ツボを刺激することで血行がよくなり、疲れ目も改善されてクマの解消につながるので、ツボ押しも効果的です。

特にクマの解消に効果的と言われているツボが「瞳子(どうし)りょう」。
目尻の横にあるツボです。
中指の腹でゆっくり押しましょう。

瞳の真下、骨の際にある「承泣(しょうきゅう)」というツボです。
目の疲れや充血などに効くと言われるツボ。
痛気持ちよい、という程度に指圧しましょう。

長時間パソコンを使用しているなど、目を酷使している人は目の下にクマができやすくなります。
定期的にマッサージやツボ押しなどをして、目の周りの血行をよくしましょう。