ヨーグルトパック

腸内環境をよくすることで知られるヨーグルト。
便秘の解消や美肌にも効果的と言われていますが、ヨーグルトは食べるだけでなくスキンケアとしても効果を発揮するのです。

肌の乾燥対策などに効果的なパック。
海藻パックや石膏パックなどいろいろな種類がありますが、ヨーグルトを使ったパックも肌にとてもいい効果を現すのです。

ヨーグルトパックの効果とは?

食べても美容と健康にいいヨーグルトは、肌に直接塗っても効果が期待できるのです。
それはヨーグルトに含まれるフルーツ酸と乳清の効果と言われています。

ヨーグルトにはさまざまな美肌効果のある成分が含まれていると言われていますが、特にフルーツ酸と乳清の美肌効果が優れているのです。

フルーツ酸というとピーリング剤に含まれているもの。
つまり肌の余分な角質を取り除き、新陳代謝を高めてくれる作用があるのです。

ヨーグルトに含まれる乳清という成分が注目されています。
乳清はヨーグルトの上澄み液のことで、ビタミンやミネラル、タンパク質を豊富に含んでいます。
さらに、成分が肌に近いので、肌なじみがよく保湿効果も高いと言われています。

効果的なヨーグルトパックの方法

ヨーグルトパックの方法は基本的にはヨーグルトを肌にのせて、10分程度そのままにしておき、時間が経ったら洗い流すだけ、というシンプルな方法です。

より効果を高めるなら、美肌にいいものをヨーグルトにプラスするのもお勧めです。
その一つはオリーブオイル。
ヨーグルトとオリーブオイルを混ぜ合わせて顔に塗ると、保湿効果が高まると言われています。

他にも、殺菌効果のあるはちみつなどを混ぜるとニキビ予防に、緑茶の粉末などを利用すると美白効果がアップします。
洗い流した後は化粧水で肌を整えます。

ヨーグルトパックの注意点

美肌効果があると言われているヨーグルトパックですが、毎日するのは控えましょう。
ピーリング効果があるので、やり過ぎると角質を取りすぎて、肌が外部からの刺激を受けやすくなってしまいます。

肌の弱い人は1週間に1回程度行い、様子を見ながら行いましょう。
肌の強い人でも、毎日行うのは避け、3~5日に1度程度にしておきましょう。

また、パックの放置時間ですが、長い時間をかければ美肌効果がアップするというものではありません。
長時間パックをしていると、肌への刺激となりかゆみが出たり、肌が乾燥したりします。

10分程度を目安に、肌に刺激があるようなら少し早めに洗い流すといいでしょう。
洗顔料を使用する場合は、刺激の少ない洗顔料を使うようにしましょう。

美白、保湿、ニキビ予防やニキビ跡の改善、毛穴の汚れを落としたり毛穴を引き締めたりする、などさまざまな効果があると言われるヨーグルトパック。
リーズナブルなスキンケア方法で、簡単にできるのもメリットです。