甘くておいしいはちみつは、アイスクリームやホットケーキに使ったりすることも多いものです。
何気なく食べているハチミツかもしれませんが、ダイエットや美容効果があることをご存知でしょうか?

はちみつは食べても、スキンケアアイテムとして使っても美容に効果があると言われているのです。

はちみつの美容効果とは?

はちみつにはビタミンB1、B2、葉酸、カルシウム、27種類のミネラル、22種類のアミノ酸、酵素、ポリフェノール、パロチンといった美容に必要と言われる栄養素が豊富に含まれています。

美肌にはビタミンやアミノ酸はとても大切なもの。
抗酸化作用の強いポリフェノールも重要です。

さらに、成長ホルモンの一つであるパロチンは、肌の新陳代謝を活性化させ、シミやシワなどを防ぐアンチシジング効果が高いと言われている成分です。

はちみつは低カロリーで、白砂糖と比べると約3分の2。
アミノ酸とミネラルを多く含むはちみつは、脂肪を分解する手助けをしてくれるという働きもあります。

はちみつの効果をアップさせる食べ方

そのまま食べても美容効果のあるはちみつですが、さらに効果をアップさせる食べ方もあります。

一つは牛乳とはちみつを一緒に食べて、快眠を促すこと。
ぐっすりと眠るにはストレスを感じず、精神的に安定していることが必要です。
牛乳にはトリプトファンという成分が含まれています。
トリプトファンは、セロトニンという天然の精神安定剤と言われているものの原料です。
そのため牛乳を飲むと気分が落ち着き、寝付きやすくなります。

このトリプトファンを体に吸収されるのを促してくれるのがはちみつです。
はちみつ入りの牛乳を飲むと、精神が落ち着いて眠りやすくなります。

冬場は冷えも不眠の原因になりますので、ホットミルクにしてはちみつを入れるといいでしょう。
また品質のいい羽毛布団を使えば、冷え性の方でも暖房器具なしで温かくすごせるのでおすすめです。
特に、こちらのブランドは品質が安定しており、信頼できます。
<フランスベッドの羽毛ふとん JOORYU>

睡眠は美肌にとても大切なもの。
眠れない夜は牛乳にはちみつを入れて飲んでみましょう。

スキンケアにはちみつ

はちみつをスキンケアアイテムとして使うのもお勧めです。
保湿効果が高いと言われているはちみつは乾燥対策にもなります。

カサカサしている唇にはちみつを塗って、ラップで覆います。
乾燥した唇がふっくらとした唇になります。

洗顔料にはちみつを入れると、泡がよりきめ細やかに。
きめの細かい泡は、毛穴の汚れを吸着しやすくしてくれるので、洗顔力もアップするといいうことです。

はちみつにオリーブオイルを混ぜ合わせ、パックとして使ってみましょう。
少しお湯を入れると扱いやすくなります。
顔に塗って5分程度置いたら、洗い流します。

肌の乾燥を防いで、保湿効果を高めてくれるはちみつ。
スキンケアとしてもお勧めです。

また、ハチミツには種類があります。
はちみつの中にはレンゲ、アカシア、など花の名前が入っているものがあります。
これはその花の蜜だけが集まるように採取したもので、味もまろやかで風味がよいです。

さらに、色の薄い物は料理に適していて、濃いものはミネラルが豊富と言われています。
使う目的に合わせて選ぶといいでしょう。